開発事例のご紹介

Gheliaソリューション 姿勢・視線解析エンジン連動
デジタルサイネージソリューション

公共施設や商業施設などに設置したデジタルサイネージ(広告)への視聴者の視線データを、カメラと独自のAI視線推定エンジンを用いて集計する。
表示されるサイネージは15秒のループ再生で、広告のどの位置(視線の座標)を誰(性別・年齢)がどのくらいの長さ(何秒間)見ていたかを集計することが可能。集計内容は管理画面で確認することが出来る。

視線推定エンジンで検出した視線の位置をヒートマップ表示する他、秒単位の瞬間視聴数と、動画全体での累計視聴数を数値とグラフで表示。また全体の視聴数から各視聴者区分(C〜M3)が占める割合の結果を円グラフと数値で表示することが出来る。

back

事例

その他のソリューション

back