ギリア、グロービス・キャピタル・パートナーズへの
第三者割当増資を実施
〜多様な産業との戦略的パートナーシップのもと、AIの社会実装を拡大〜

ギリア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮、以下「ギリア」)は、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀 義人、以下「グロービス・キャピタル・パートナーズ」)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

ギリアはこれまで、「多様な産業の経営課題や社会課題をギリアのAIソリューションで解決し、AIの社会実装を推進する」という戦略のもと、東京海上日動(保険業)、シグマクシス(コンサルティング業)、トライグループ(教育業)、みずほ銀行(銀行業)、図研(電気機器業)等といった各産業のリーディングカンパニーとの資本及び業務提携を結ぶことにより、継続的な高成長を実現する事業ポートフォリオを形成し、各クライアントと多岐にわたるAIソリューションのPoC*や実ビジネスへの本格導入を進めてまいりました。
(*Proof of Concept:コンセプト(概念)の実現可能性を実証すること。概念実証。)

そしてこの度、新たにグロービス・キャピタル・パートナーズからの出資を受けることにより、
①ギリアの競争優位性をさらに高めるための優秀なエンジニア等の採用・教育や、将来の飛躍に向けた新サービスの研究開発 ②ギリアの認知度を高め契約数を増加させるためのプロモーション活動等に積極的に取り組み、AIの社会実装及び事業拡大を加速してまいります。

【ギリアについて】
ギリアは、「ヒトとAIの共生環境の実現」を目指して、2017年6月に設立しました。社会や暮らしの様々な場面においてAIによる能力拡張を実現し、課題解決や効率化だけでなくAI技術による感動体験を提供することをビジョンに、最先端の深層学習技術をあらゆる人が自在に使いこなせるOS・ハードウェアを含む統合AIプラットフォームの開発及び提供を行っております。今後世界的な規模で成長が見込まれるAIサービス事業の領域において「世界と戦える日本発のAI事業者」への成長を目指し、事業を拡大しております。


【各社コメント】
◆株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイト 南 良平
AIの社会実装は社会的に不可逆なトレンドであり、潜在的に市場は巨大と認識しています。一方で、よく言われるように人材不足の中、一定のカスタマイズが発生する多種多様なニーズに応えられるプレーヤーは希少であり、ギリアは間違いなくその有力な1社と考えています。株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所と株式会社UEIのジョイントベンチャーとして始まったユニークな“大人のスタートアップ”であり、既に有力な顧客・パイプラインを多く抱え、単なるPoC/受託開発に留まらないモデルを構築しつつあります。ギリアの目指す世界観の実現に大きく期待するとともに、今後ギリアの企業価値向上に向け伴走させていただけることを楽しみにしています。

◆ギリア株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 清水 亮
仕事を通じてAIが社会に貢献できる領域の広がりを日々実感する一方、世界の先行きが不透明なこのタイミングでグロービス・キャピタル・パートナーズ様から資本参画いただいたことを非常に心強く思っております。同社の持つ豊富なコネクションとビジネス経験からの助言を賜りながら、ギリアはさらなるAIの社会実装を加速します。

【ギリア概要】
商号: ギリア株式会社
代表者: 清水 亮
所在地: 東京都台東区台東四丁目19番9号
設立: 2017年6月
事業内容:人工知能及び応用技術に係るコンピュータソフトウェア、システム等の企画・開発・コンサルティング・保守等
URL: http://ghelia.com/
お問合せ先:press@ghelia.com

back