ギリア、図研への第三者割当増資を実施 〜あらゆる業界や業種へのAI導入を着実に拡大〜

ギリア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮、以下「ギリア」)は、株式会社図研(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:金子 真人、以下「図研」)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

ギリアは、これまで多種多様な業界のクライアントと多岐にわたるAIソリューションのPoC*や実ビジネスへの本格導入を進めて参りました。
(*Proof of Concept:コンセプト(概念)の実現可能性を実証すること。概念実証。)

そしてこの度、新たに電気・電子設計を中心にモノづくりを支える図研からの出資を受けました。ギリアのAI開発力と図研の設計ソリューションの融合によって、幅広い分野における設計の自動化・効率化を実現して、製造業のお客様の新製品開発やエンジニアリングチェーンの革新に貢献して参ります。

ギリアは、ヒトとAIの共生環境を実現することで21世紀の新たなライフスタイルを創出し、人類の進歩に貢献して参ります。

【ギリアについて】
ギリアは、株式会社UEI、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、WiL, LLCの三社が2017年6月に設立しました。
「ヒトとAIの共生環境の実現」を目指して、最先端の深層学習技術をあらゆる人が自在に使いこなせるOSおよびハードウェアを含む統合AIプラットフォームの開発を行っています。

【各社コメント】
◆株式会社図研 代表取締役副社長 勝部 迅也
図研は、AI技術に関する高い専門性だけでなく、エレクトロニクス製品開発に携わった経験者を多数擁するギリアとその実績を高く評価しています。図研が今後AIを活用した様々なソリューション開発を模索していく上で、今回のギリアとの資本業務提携は、大変重要な意味を持つことになります。両社が協力していくことにより、製造業のお客様のプロセス革新に貢献するソリューションを生み出していけると確信しています。

◆ギリア株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 清水 亮
「ヒトとAIの共生環境の実現」を目指す当社にとって、今回株主となった図研との協業により、電気系CAD・EDA分野における課題解決やサービス価値の向上など、当社の最先端AIテクノロジーの貢献領域がさらに広がることに喜びを感じています。
ギリアは、株主の皆様とともに、あらゆる人々の豊かさに寄与するAIの社会実装を強力に進めて参ります。


【ギリア株式会社概要】
: ギリア株式会社
: 清水 亮
: 東京都台東区台東四丁目19番9号
: 2017年6月
: 統合AIソリューションの開発と提供
http://ghelia.com/
本件に関するお問い合わせ先:press@ghelia.com

back