新型コロナワクチン接種に伴う勤怠の取り扱いについて

ギリア株式会社(以下、「当社」)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止策の一環として、新型コロナワクチン(以下、「ワクチン」)接種に伴う勤怠の取り扱いについて決定いたしました。
当社では、お客様、パートナー企業様、そして当社社員とその家族の安全確保のため、2020年3月より在宅勤務体制を整備・運用、Web会議等非対面でのお打ち合わせ提案等、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策を講じてまいりました。
この度、ワクチン接種を希望する社員が柔軟に時間を確保できるよう、就業時間内でもワクチン接種を可能とし、接種後に副反応等による体調不良で就業が困難となった場合は特別有給休暇を付与する制度を導入いたしました。


【概要】
対象者:
当社の社員
対象期間:
2022年3月31日までを予定
(政府が定めるワクチン接種実施時期に準じて延長する場合があります)
内容:
  1. 社員本人が就業時間内にワクチン接種をする場合は、2回目の接種までを就業時間扱いとします。
  2. ワクチン接種後の副反応等で体調が優れない場合は、1回の接種につき3日間までを「ワクチン休暇(特別有給休暇)」として付与いたします。

今後も政府の方針を踏まえ、各方面からの情報収集も重ねて行い必要な対応を速やかに実施してまいります。

back